浜松の賃貸アパートの入居費用を支払う際の注意点

category01

浜松の賃貸アパートに入居するにあたっては初期費用を用意しなければなりませんが、その際には請求される金額を見るだけではなく、その費用がどういう理由で請求されているものなのかも理解してから支払うように注意しなければなりません。


浜松で賃貸アパートに入る契約を不動産会社と締結した後に支払う必要がある初期費用は、主に敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料から成ります。

このうち、まずチェックしておきたいのが仲介手数料です。

お勧めの浜松の賃貸にはこちらのサイトが最適です。

宅地建物取引業法の規定により、不動産業者が1件の取引において借主と貸主の双方から受け取ることができる仲介手数料は、賃料の1ヶ月分が上限となっています。

もし、請求された金額を見て、仲介手数料のところに明らかに高い額が記載されて場合、仲介業務と関係ない費用まで仲介手数料に算入されている可能性があるので、必ず業者に請求金額の根拠を尋ねましょう。



また、浜松で賃貸物件を借りる際にトラブルになりやすいのが、敷金です。賃料の1ヶ月から2ヶ月分程度の費用が設定される敷金と礼金は、前者が将来退去するまでの間の預かり金、後者が慣習に基づいて管理者に支払う一時金といった性質をもっており、退去時に敷金のみ、借り主の故意や過失による損傷の修繕費用が差し引かれて返還されることになっています。
浜松の賃貸アパートに入居するのであれば、契約書に敷金の返還に関する決まりがあるかどうかと、規定がある場合にどういった場合にどの程度返還されるかについては確認をしておくと、数年経って別の住宅に引っ越すときにトラブルが生じた場合にいかせる場合があります。



不動産の事柄

category02

静岡県西部に位置する浜松市は、面積、人口ともに県最大を誇り、7つの行政区で構成されています。その中の1つである中区は最も面積が小さい行政区であるものの人口は最も多く、浜松市全体人口796、046人(平成29年9月時点)のうち236、693人を占め、中核を成す地域となっています。...

subpage

不動産のみんなの常識

category02

静岡県西部地区に位置する磐田市は県内でも有数の工業都市であり、大きな特徴として企業城下町となっている点があります。近年においては毎年人口の増加が見られ、例えば、1970年の111、452人を起点とした場合、以後、増え続けており、2017年の9月時点では167、024人の総人口を有しています。...

subpage

不動産の実態

category03

袋井市の賃貸ニーズは、間取り、家賃、住戸の広さ、築年数、駅からの距離で知ることができます。参考にできるでものの1つとして民間データ会社による資料があり、ここでは、その地域における不動産会社や住宅業界などの企業から集めた様々な情報の提供を行っています。...

subpage

不動産入門

category04

掛川市における賃貸相場は、広さ、掛川駅からの距離によっても異なり、例えば、ワンルーム・1K・1DKに関しては駅徒歩10分以内ではワンルーム38、300円、1K38、000円、1DK37、800になっています。10分以上ではワンルームが44、500円、1K36、300円、1DKでは33、000円になっており、数千円の違いがあります。...

subpage